レーシックとイントラレーシック

今人気のレーシック視力矯正手術

レーシックと皆さん言っていますが、現在、視力矯正手術で行う手術はほとんどがイントラレーシックです。

イントラレーシックは従来のレーシックよりも安全性に優れいる点が素晴らしいところです。

今人気の品川近視クリニックと神奈川クリニック眼科でも

品川近視クリニックなら⇒品川スーパーイントラレーシック

神奈川クリニック眼科なら⇒CRスーパーイントラレーシック

などそれぞれの眼科・クリニックで独自の名称を付けるなどの力の入れようです。

当サイトでは視力矯正手術でもはや主流になっているイントラレーシックとレーシックを比較しながら、あなたのための眼科・クリニック選びをお手伝いさせて頂きます。

イントラレーシックとは

イントラレーシックとは、視力矯正法であるレーシックの一種で、近視、遠視、乱視の原因になっている屈折異常を改善するために行われる治療法です。

レーシックとの違いは、角膜の表面を薄く削り、フラップを作成する時の方法にあります。

レーシックのフラップ作成

レーシックのフラップ作成には、マイクロケラトームという器具を使います。これは、かんなのような器具で、これを使って角膜の表面を削り、フラップを作成し、そのフラップをめくってエキシマレーザーを照射します。

イントラレーシックのフラップ作成

これに対して、イントラレーシックは、フラップ作成には、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを使用します。これは、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成することができる優秀なレーザーです。

この方法では、通常のレーシックと比べて、フラップを薄く、正確で安全に作ることができます。レーザーが角膜を薄く削ることができるので、角膜の厚み不足でレーシックが受けられなかった人や、強度の近視の人にも向いている手術といえます。

また、レーシックよりも、短時間で、より正確な施術が可能となりました。

また、イントラレーシックでは、エキシマレーザー照射による屈折矯正に必要な角膜の厚さも十分に確保することができるため、万が一、再手術をしなければいけない場合にも、角膜厚不足で手術が受けられないというリスクが軽減されます。

視力は車の運転に直結します。手術して視力が回復したとしても任意保険に加入することを強くお勧めいたします。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.