イントラレーシックの適・不適応者

イントラレーシックの場合も、レーシックと同じく、20歳未満の人は、基本的には手術を受けることができません。

これは、近視は、だいたい25歳前後までは進むことがあるためです。医師によっては、20代の人の手術を控える場合もあるようです。ただし、場合によっては、10代でも治療をしてもらえるケースもあります。

また、60歳以上の場合、手術が受けられない場合がありますが、近年では、老眼治療に関しても飛躍的に進歩しているため、イントラレーシック以外の方法で視力矯正治療が可能な場合もありますので、医師に相談してみましょう。

妊娠・授乳中の人

レーシックの場合と同じく、妊娠中や授乳中の人は、手術を受けられません。何らかの内科的疾患や、円錐角膜、白内障、緑内障など、目の病気を持っている方も手術を受けることができません。職業によっても、安全性の問題から手術が受けられない場合があるため、いずれにしても、手術前の適応検査の際にはきちんと現状を申告し、自分に合った正しい治療を受けるようにしましょう。

角膜の厚さ

レーシックの場合は、角膜の厚さが薄いと、術後の角膜の強度の面で問題が発生するため、角膜の厚さが450ミクロン以下の場合、手術を受けることができませんでした。このように、角膜の厚みが少ないために、レーシックが受けられなかった人でも、イントラレーシックならば角膜を薄く削っての治療が可能なため、手術を受けられる場合があります。また、緑内障などの目の疾患があっても、手術が可能な場合もあります。

このように、イントラレーシックは、レーシックの幅をさらに広げ、よりたくさんの人を救ってくれる画期的な治療法なのです。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.