イントラレーシックのメリット・デメリット

イントラレーシックは、レーシックを更に進化させた治療法なので、レーシックよりも優れた面が多数あります。

まず、イントラレーシックでは、フラップを非常に薄く作ることができるため、角膜の厚みを十分残して手術を行うことができます。

このことは、角膜厚不足や、強度の近視でレーシックが受けられなかった人に視力矯正手術のチャンスを与たばかりでなく、術後の角膜の強度を保ってくれるという点でも、安全性が向上したといえます。

万が一、術後、何か不具合があって、再手術をしたい場合でも、角膜の厚みが残っていなければ、それは不可能な場合がありあすが、角膜の厚さが十分残っていれば、再手術が可能になります。

そして、イントラレーシックは、コンピューター制御されたレーザーでフラップを作成するため、手術時間も短縮され、正確にフラップを作成することができるようになりました。作成されたフラップは、レーシックで作成したフラップよりも滑らかなので、従来のレーシックよりも、更に視界がクリアになり、術後の視力も向上させました。

しかし、イントラレーシックには、まれに、間角膜炎といって、フラップ下で炎症が起きることがあります。目薬などによって大体は回復しますが、それでも改善しない場合には、フラップ下の洗浄が必要なこともあります。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.