イントラレーシックの安全性

通常のレ―シックは、マイクロケラトームというかんなのような器具を使ってフラップを作成するため、器具の往復運動によって、フラップの断面が若干でこぼこしたり、フラップの断面が斜めになることから、まれにフラップのしわやずれが起こることがありました。

しかし、イントラレーシックの場合は、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを使用し、コンピュータ制御でフラップを作成するため、フラップの断面を直角に作ることができるようになりました。

このため、フラップを閉じるときにも元通りに閉じやすくなり、フラップのずれなどのリスクが軽減されました。

また、マイクロケラトームでは刃の部分に金属を使用しているため、金属アレルギー体質の方は炎症を起こすことがありましたが、イントラレーシックではレーザーにてフラップを作成するので、金属アレルギーを起こす心配もありません。

レーシックと比較して、より安全になったことといえば、フラップを薄く、正確に作ることができるようになったという点でしょう。

このことは、強度の近視の人や角膜の薄い人の手術を可能にしたばかりでなく、角膜厚を十分残すことができるため、角膜の強度を保つことができるという点でも、安全面が向上したといえます。

さらに、角膜の厚さを残すことができることで、万が一の再手術の際にも、再度、角膜を削ることができるので、安心です。

このように、レーシック時の問題点を多数改善させ、更に技術や安全面をも向上させたのがイントラレーシックなのです。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.