レーシック視力矯正手術後の矯正結果

レーシックなどの視力矯正手術を実施しているクリニックなどのサイトでは、手術結果や視力回復の度合いなどを比較したものが掲載されていることが多いですが、その結果を見てみると、レーシックなどの手術を受けた人の
9割以上の人は、裸眼視力が1.0以上に回復しています。

しかし、中には、0.5ほどにしか回復しない人や、近視に戻るケースもあり、結果には個人差があるようです。

また、レーシックで使用されるマイクロケラトームを使った手術では、フラップの精度にも限界があるため、手術を受けた人の中には、自分の満足のいくまで視力が回復しないケースもあります。

このため、レーシックは、イントラレーシックよりも、再手術の割合が多少高くなっています。

イントラレーシック視力矯正手術後の矯正結果

一方、イントラレーシックの場合は
術後の裸眼視力が99パーセントの方の裸眼視力が1.0以上に回復しているという結果が出ています。

そして、5割以上の人は、2.0にまで視力が回復しています。

また、イントラレーシックの場合は強度の近視の人でも、手術を受けることができ、その結果、9割以上の人が1.0以上に回復するという素晴らしいものとなっています。

このように、レーシックとイントラレーシックを比較してみると、矯正された視力は、イントラレーシックの方が高くなっていて、より効果があることが分かります。このような結果から、イントラレーシックは術後の満足度も高いので、再手術の例はほんの僅かとなっています。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.