執刀医の経験

日本においては、レーシックなどの視力矯正手術は、医師免許さえ持っていれば、眼科専門医でなくとも、手術をすることができます。

しかし、レーシックなどの手術を受ける前には、目の状態を検査したり、術後も、目の状態を調べてもらう必要があることから
手術は、やはり眼科専門医にしてもらうほうが安心です。

これには、技術的な問題もありますが、手術の執刀医が眼科専門医以外の医師の場合、手術前に行われる適応検査が十分になされない恐れがあるためです。

場合によっては、レーシックやイントラレーシックが適さない場合もあり、そのときには、別の治療法を考えなくてはなりません。

また、万が一、目に何らかの不具合が生じた時に、眼科専門医以外の医師では、正しい処置が行われないという可能性もあるためです。目は、非常に繊細で大切な器官です。

このため、病院やクリニックを選ぶ際には
必ず、日本眼科学会認定の眼科専門医のいるところを選ぶようにしましょう。 

レーシックは、マイクロケラトームという器具を使用してフラップを作ります。

器具の性能ももちろん大事ですが、ここでは、執刀医の腕も大変重要になってきます。このため、執刀医も経験豊富なほうが何かと安心です。

一方、イントラレーシックでは、マイクロケラトームの代わりに、イントラレーザーを使用します。

イントラレーザーは、コンピューター制御にてフラップを作成するので、マイクロケラトームを使用してフラップを作成するよりも難しくないということもいえますが、それでも手術経験の多い眼科医である方が、万が一の時には安心です。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.