ドライアイ

レーシックやイントラレーシックなどの視力矯正手術は、重度のドライアイの人は受けることができません。

しかし、レーシックやイントラレーシックを受ける前にはドライアイの症状のなかった人が、手術後に急にドライアイの症状が出ることがあります。

ドライアイの症状にも個人差があり、目を開けることが辛かったり、中には、目を開けていられないという人もいるようです。

手術後数ヶ月間は、目が非常に乾燥しやすいので、このようにドライアイの症状を発症することがあります。

あまりにもドライアイの症状が強い場合には、しばらくは処方された涙液と同じ成分の目薬をさして、ドライアイの症状を軽くするようにします。

しかし、それでもドライアイが改善しない場合は、涙の量を増やすために、目の出口に涙点プラグといわれる栓をするといった処置が必要になる場合もあります。

ドライアイが悪化すると、角膜炎円が起こり、一時的に乱視が発生することもありますが、このような場合でも、涙成分や油分の点眼薬や、自己血清の点眼薬で治すことができます。

一時的には心配になるドライアイ症状ですが、殆どの人は、手術後、1ヶ月から、長くても手術後3ヶ月経つ頃までには、この症状は改善していきます。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.