ハロー現象

レーシック手術後、光がにじんで広がって見えたり、夜に物が見えにくかったり、物の周辺がぼんやりと見えることがあります。これが、ハロー現象です。

ハロー現象は、レーシックの手術を受けた人に、割と高い確率で発生する症状です。

ハロー現象が出ている時でも、通常は、普段の生活には支障はそれほどないのですが、人によっては、夜間の運転時に、対向車の光を眩しく感じて、周りがよく見えなくなるということがあるといったことがあります。

この場合は、安全面で問題があるため、夜間の運転は控えるようにしましょう。

また、術後、ハロー現象が出たとしても、その殆どは、3ヶ月から6ヶ月、長い人でも1年以内にはなくなります。しかし、ハロー現象の出方には個人差があり、稀にハロー現象が数ヶ月経っても続く人もいます。

ハロー現象が続くのは、強度近視の人に多いようです。この場合は、まず、医師に相談しましょう。

ハロー現象は、フラップ作成時に角膜を削ったときに、削った部分と削らなかった部分の境目ができ、その部分で微妙に屈折率が変化することで起こる症状だといわれています。

イントラレーシックの場合は、フラップをレーザーで作成するので、レーシックよりも角膜を切開した境目がきれいなので、ハロー現象が起きにくく、起きたとしても、レーシックよりもましなことが多くなっています。

夜の車の運転時にはハロー現象はとても危険です。事故の原因にもなります。車両保険の等級が下がる原因ですので運転は控えすぐに診察してもらいましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.