感染症

レーシックやイントラレーシックの手術では、角膜を切開しているため、傷口から細菌が入るなどの感染症にかかってしまうことが稀にあります。

レーシックなどの視力矯正手術後の感染症といっても、すぐに失明に結びつくようなことはありませんが、感染症が起こった目をそのままにしておくと、角膜がにごる危険性があるため、早急に医師の診察が必要です。

感染症にかかった場合でも、医師から処方される点眼薬で十分治療が可能です。

レーシックなどの手術後

レーシックなどの手術後には、感染症予防の薬が処方されるので、術後に処方された点眼薬や内服薬などは、必ず、医師の指示通りに使用するようにしましょう。

また、術後しばらくは、埃っぽい場所や、人の多い場所への出入りをできるだけ避け、目を酷使するようなこともしばらくは避けるようにしましょう。

イントラレーシックなどの手術後

イントラレーシックの術後、フラップはまだ完全に接着していないので、目の中は非常にデリケートな状態となっています。このため、特に術後のケアが大切になってきます。

術後は、目を清潔な状態に保つために、しばらくは目を保護するためのサングラスなどを使用したほうがいいでしょう。

サングラスをしていることで、埃などから目を守ってくれるだけでなく、無意識に目をこすってしまったり、衝撃を与えてしまったりということも避けることができるでしょう。

イントラレーシックの場合も、レーシックと同様に、術後は特に目を清潔にしなければなりません。

しかし、イントラレーシックは、フラップを作る際に、角膜を薄く削ることができることから、角膜への負担も少なくて済んでいます。しかし、フラップを作ったことには変わりはないので、レーシックと同様に、目を清潔に保つように心がけましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.