強度近視の回復-レーシック

レーシックは、角膜を削って視力矯正をするので、角膜の厚さによっては、目の強度が保たれず、安全ではないため、レーシックを受けることができません。

具体的には、角膜の厚さが450ミクロン以下の人は、レーシックを受けることができないとされています。

レーシック手術では、強度近視の人の場合は、どうしても角膜を削る量が増えてしまうため、手術を受けることができない場合もあります。

ただし、強度の近視の人が、レーシック手術を受けられるかどうかは、角膜の厚みによるので、十分な厚みがあれば、レーシックを受けられる場合もあります。

角膜の厚さを測る検査は、必ず、事前の適応検査に含まれています。

この検査は、レーシックの適応を決める上では、最も重要な検査になります。

強度近視の回復-イントラレーシック

また、強度の近視のために、レーシック治療が受けられなかった人でも、イントラレーシックのように、角膜を削る量が少なくて済むような視力矯正手術もあります。

イントラレーシックは、レーザーで薄いフラップを作ることができるので、角膜の厚さ不足で手術を諦めていた人にとっては、まさに画期的な手術だといえます。

強度の近視の人も、視力矯正手術によって、視力の回復が可能です。

個人差はありますが、0.01と、裸眼では殆ど視力が出なかった人でも、手術によって、1.5にまで視力が回復した例も数多くあります。

強度な近視ですと車の運転も怖いですね。対人補償の入ってないと大変です。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.