視力回復時間

レーシック手術を受けると、殆どの人が術後、すぐに視力が回復したことを実感します。術後は、涙が止まらない、痛みがあるなどの症状がありますが、帰る頃には前よりも物がはっきりと見えるようになっているはずです。

しかし、術後はまだまだ視力は安定していません。手術を受けた翌日には、再度、感染症のチェックや傷の治りを見るために、診察がありますが、このときには、フラップの傷痕はほとんどなくなっています。

このときには、遠くは見えても、近くが見えにくいといった遠視のような状態になっていることがありますが、これは、手術後、時間が経つにつれて、安定していきます。

また、人によっては、左右の見え方にばらつきがあったり、ぼんやりと見えるなどということもあるようですが、これも、大体の人は、徐々に落ち着いていきます。

そして、視力矯正手術から1ヶ月ぐらい経つと、視力がほぼ安定します。しかし、夜に光がぼやけるなどのハロー現象や、ドライアイがある場合があります。

3ヶ月ほど経つと、これらの症状の多くは改善されるでしょう。この頃までに、目標視力に到達していない場合は、再手術が必要かどうかを医師に判断してもらいます。

イントラレーシックは、従来のレーシックやエピレーシックにあったフラップのしわなどの問題点を解消するために開発されましたが、実際には、レーシックよりも、イントラレーシックの方が、フラップの接着が安定するまでに、時間がかかったり、炎症を起こすことがあるという指摘もあります。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.