眼科・クリニックの選択基準

目はとても大切で繊細な器官であるため、レーシックなどの視力矯正を行う際には、専門の眼科医のいる眼科やクリニックで受けるということが原則です。

日本では、医師免許があれば、たとえ眼科専門医でなくともレーシックなどの視力矯正手術を行うことができます。

しかし、眼科専門医でなければ、万が一の時の対応が正確にできない恐れがあります。

眼科専門医かどうかを見分けるには、その医師が、眼科学会によって認定されているかどうかが目安になります。厳密にいえば、眼科医にも更に専門分野があり、中には、角膜だけが専門の眼科医もいます。

レーシックなどの視力矯正手術は、高度な技術が求められる特殊な手術なので、やはりレーシックに通じた眼科専門医に執刀してもらうのが安全といえるでしょう。

この情報化社会の中では、求めさえすれば、様々な情報が手に入ります。

レーシックに関しても、すぐに様々な眼科やクリニックの評判や情報が手に入るでしょう。視力矯正手術をしている眼科やクリニックのサイトだけでなく、過去の症例数や、患者の体験談、眼科やクリニックの特徴なども知ることができます。

気になる眼科やクリニックがあれば、症例数だけでなく、アフターフォローについてなど、万が一の保障内容もしっかりチェックしておきましょう。

後は、手術前に、自分が納得できるだけの説明をきちんとしてもらえるかも大事な要素となりますので、これらを踏まえた上で、自分に合った眼科やクリニックを慎重に選ぶようにしましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.