イントラレーシックの手術後の注意事項

イントラレーシックなどの視力矯正手術では、角膜を削って治療しているため、術後、目をこするようなことは避けなければなりません。術後、目を強くぶつけたり、ごしごしと擦ったりしては、フラップがずれたり、角膜に傷がついてしまう恐れがあります。

また、外出して目にゴミが入ったりしないように、術後1週間は、サングラスや保護用メガネなどをかけるようにしましょう。

また、手術直後は、見え方がまだまだ不安定なので、車の運転はしないようにしましょう。どうしても運転しなければならない人は、手術日翌日の定期検査で、医師の了承を得てからにしましょう。

術後1週間ほどは、光が散っているように見えたり、ぼやけて見えるなどの症状が出ることがあるため、この間は、運転を控えたほうがよいでしょう。

手術日当日は、医師から処方された点眼薬をし、なるべく人混みを避けて帰宅し、目を疲れさせないためにも、早めに休むようにしましょう。

また、翌日の定期検診には必ず行くようにしてください。この検診では、フラップの傷の回復度合いや、どの程度視力が回復しているかなどを調べます。

これ以降も、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後など、病院が定めた定期検診には、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

定期的に診てもらうことで、万が一の目のトラブルの早期発見、早期対処が可能になります。また、術後、半年ほどで、視力が安定するといわれているので、自分の視力が、最終的にどこまで回復したかを知ることができるでしょう。

車の自動車保険も契約後が大切です。同じようにイントラレーシックも手術後が非常に大切になりますので最新の注意をしましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.