イントラレーシックの手術前の注意事項

イントラレーシックなどの視力矯正手術を行う日が決まると、医師から注意点について説明があります。手術日までは、医師の指示を必ず守るようにしなければなりません。

イントラレーシックは目の手術ではありますが、手術日までは、体調管理に気を付けて、規則正しい生活を送るようにしましょう。

手術日前日は、アルコールの摂取や、目を酷使するようなことは避け、早めに休むようにします。

日頃、コンタクトレンズをしている人は、手術前数日は、コンタクトを外しておくように指示があります。これは、コンタクトレンズによって、角膜に歪みが生じ、正しい治療ができなくなるためです。このため、指示された日数は、コンタクトレンズを外しておかなくてはなりません。

医師から前もって処方されている抗菌点眼薬がある場合には、忘れずに点眼しておくようにしましょう。また、手術前数日は、感染症予防のためにも、入浴・洗髪を済ませておくようにしましょう。

手術日当日は、化粧や香水、整髪料などを使用することはできません。また、手術中や手術後に、衣類の繊維が目に入ったりしては大変なので、手術日当日は、頭からかぶるような服やニットなどは避け、しめつけ感のない、脱ぎ着しやすい服装を心がけましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.