手術給付金と医療控除について

メガネやコンタクトレンズと同様に、イントラレーシックなどの視力矯正手術も、健康保険が適用にならない、自由診療となっています。

このため、全額が自己負担での診療となります。イントラレーシックなどの視力矯正手術費用は、10万円以上と決して安いものではありません。

医療費控除

しかし、イントラレーシックにかかった費用は、医療費控除の対象になる場合があります。

医療費控除は、家庭内での年間の支払い医療費総額が10万円以上、または、総所得の5%以上の場合に適用になります。

イントラレーシックの費用が医療費控除の対象になるかどうかは、お住まいの地域を管轄している税務署に確認する必要がありますが
もし、対象になる場合は、確定申告により、税金が還付されることがあります。

手術給付金

また、加入している保険によっては、手術給付金がおりる場合があります。

視力矯正手術を受けようと思ったら、自分が加入している保険から手術給付金がおりるかどうかを調べておきましょう。

また、おりる場合は、必要書類など、取り寄せられるものは取り寄せておくようにすると、後の手続きがスムーズになります。

医療控除にしても、手術給付金にしても、いずれも請求には、手術を受けたクリニックや眼科の領収書が必要です。また、医療費控除を申請する際には、この他に、源泉徴収票も必要になりますので、後で慌てないためにも
領収書や書類は大切に保管しておくようにしましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.