初診検査でわかること

イントラレーシックなどの視力矯正手術の前には、様々な検査が行われます。この検査は、現在、自分の目がどのような状態かを把握し、自分に適した矯正法を見つけるという意味でも、非常に大切な検査です。

まず、コンタクトレンズやメガネをつけない状態での視力検査が行われます。コンタクトレンズを付けている人は、検査前一定の期間は、コンタクトレンズを外しておくよう指示があります。一般的に、ハードコンタクトの人は3週間、ソフトコンタクトの人は1週間は外しておくよう指示があるようです。

ここでは、裸眼視力の測定と、近視や乱視の度合い、そして、角膜のカーブの測定も行われます。

この結果を見て、医師が、手術でどの程度矯正するかを判断します。視力検査の際に点眼する薬によって、その後、しばらく目のかすみが出ますので、検査後は、車の運転をしないようにしましょう。

適応検査

視力検査の他にも、目の状態を把握するのには、色々なデータが必要です。適応検査では、眼圧の測定も行われますが、ある一定の眼圧以上になると、緑内障などの目の病気が疑われます。

このような目の病気がある場合は、イントラレーシックなどの手術を受けることができません。

角膜のカーブの形状を測る検査では、円錐角膜ではないかが分かります。また、角膜内皮細胞検査では、角膜の内皮細胞を写真に撮り、細胞数を数えます。眼底検査では、目の中に異常がないかどうかを調べます。

特に、網膜に異常がないかどうかを入念にチェックし、異常が見つかれば、視力矯正よりも、網膜の治療を優先します。

この検査では、緑内障かどうかも分かります。そして、手術の際に、最も大切になってくる角膜の厚みを測る検査も行われます。角膜の厚さによっては、手術に適応できないこともあります。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.