副作用と合併症

イントラレーシックなどの視力矯正手術は、他の手術と同様に、多少のリスクはつきものです。

しかし、視力矯正手術は、外科手術の中では、時間も非常に短く、安全性の高い手術であるといわれています。

ドライアイ

そんな中でも、副作用や合併症としてあげられているいくつかの症状があります。

まず、術後、高い頻度で起こるといわれているドライアイですが、これは、その殆どの人が1〜3か月以内には改善する症状です。

この間の対処法としては、点眼薬や軟膏などを使用して、症状を軽減させることができます。

ハロ現象・グレア現象

また、光がぼやけて見える、眩しく感じるといった副作用が出ることもあります。これが、ハロ現象・グレア現象と呼ばれるものです。

これらの症状は、特に、暗い所にいる時に光が広がって見えたり、眩しく感じたりするので、夜間の運転時などに支障が出る場合があります。

しかし、ハロ・グレア現象も、ドライアイと同様に、その多くは3ヶ月ぐらいするとなくなってきます。この症状は、レーシックの際に見られていましたが、イントラレーザーを使用したイントラレーシックでは、レーシックよりもハロ・グレア現象の起こる可能性は低くなっています。

術後の回復には個人差があり、副作用が出る人もいれば、出ない人もいます。また、これらの副作用以外にも、炎症を起こしたり、近視の戻りがある人も稀にいます。

万が一、何かあった場合でも、早めに対処できるように、術後の定期検査を受けることはもちろんのこと、何かおかしいと感じたら、速やかに、手術を受けた病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

車も事故や故障など万が一の対応がいい損保会社に加入するように、イントラレーシックも何かあったときにすぐに親切に対応してくれる医院を選びましょう。

Copyright(C)イントラレーシック眼科選び All Rights Reserved.